本文へスキップ

結婚相談椎名では埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、一年以内の成婚を目指して、信頼関係を大切にする昔ながらの手作りの相談を心がけています。



電話でのお問い合わせは
TEL.048-758-2440

〒339-0068 埼玉県さいたま市岩槻並木2丁目8番1

         
 クチナシ  菖蒲  さくら  梅  コスモス
 幸福者・夢中・優雅  やさしい心・信じる 高貴、清純、精神愛  高潔・潔白・澄んだ心  乙女のまごころ・少女の愛情
 男性は、ダンスパーティに女性を誘う時、クチナシを贈ります。女性は、ほのかな香りに包まれ幸せな気持ちになるでしょう。 菖蒲はサトイモ科の常緑多年草。原産地は日本。季節は5〜8月。花の色は、白、黄、紫、青、ピンクなど。 ソメイヨシノはバラ科の落葉高木。季節は3〜4月。花の色は、淡紅。 左遷される主・菅原道真の後を追い、一夜にして京から太宰府まで飛んでいったという伝説がある太宰府天満宮のご神木「飛梅」は極早咲きの種類です。 ギリシア語で秩序、調和、宇宙の意味。また、「飾り」「装飾」「美しさ」という意味もある。漢字では「秋桜」があてられる。
         
 水仙  山茶花  チューリップ 撫子  ひまわり 
うぬぼれ・自己愛・エゴイズム  理想の恋・ひかえめな心 永遠の愛情・愛の告白・思いやり・正直・恋の告白  純愛・才能・無邪気  敬愛・あなただけを見つめています
漢名は「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典から。きれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようなところから命名された。 鮮やかだった緑がしだいに色をかえていく冬の庭にわずかに甘い香りを放ちつつさざんかの花が咲き始める。決して華やかではないけれど控えめななかに浮つく事のない真情が見えてくる チューリップの花言葉は「愛」です。博愛、永遠の愛情、愛の告白、思いやり、正直、望みのない愛、美しい瞳、真面目な愛などの意味合いがチューリップの花言葉にはあります。 なでてやりたいほどの可愛らしさからこの名前が生まれたという人もいる。けなげな日本女性のことを大和撫子と呼ぶように可憐で素朴な印象を与える。 太陽の花。太陽神アポロンに恋をした精のように、いつも太陽を敬愛し見つめ続けている花。ひまわりは恋し続ける女性化身。
         
フジ  桃   アジサイ  蓮 デージー
 歓迎・恋に酔う・陶酔  天下無敵・チャーミング・私はあなたのとりこ  移り気・元気な女性・高慢・自慢家  神聖・沈着・清浄・離れた愛  無邪気・乙女の無邪気・美人・純潔・明朗・平和
 藤はマメ科のつる性落葉樹原産地は日本、中国、北アメリカ。季節は5〜6月。花の色は淡紫、白。  洋の東西を問わず、魅力的な女性のイメージ、女性と豊饒のイメージと重ね合わされることが多い。 万葉集にも詠まれている歴史の古い花。ユキノシタ科の落葉低木。原産地は日本。ヨーロッパを中心とした改良品種。季節は5〜6月。 インド原産のハス科多年性水生植物で別名は 水芙蓉 (すいふよう みずふよう) 不語仙 (ふごせん)池見草 (いけみぐさ)、水の花 など。  デージーはキク科の1年草。原産地はヨーロッパ、地中海沿岸。季節は2〜5月。花の色は、赤、ピンク、紫、白。
         
 ツツジ 忘れな草  スズラン  カスミソウ  ガーベラ 
愛の喜び・情熱・初恋 私を忘れないで・真実の愛 幸福・ 純潔・ 純愛・清らかな愛・ 繊細  夢見心地・清らかな心・魅力・無邪気 希望・常に前進・辛抱強さ・神秘
躑躅は、万葉集の時代から親しまれており、花が連なって咲くことから「つづき」また花が筒状であることから「つつ」などと呼ばれていて、次第に「つつじ」になったらしい。 ヨーロッパ原産で、本来は多年草ですが日本では一年草として扱われ、春に白や青紫、淡青、ピンクなどの可愛らしい花を咲かせます その花姿はとても可愛らしいが、実は有毒植物である特に花や根は危険で、摂取した場合には嘔吐、頭痛、血圧低下などの中毒症状を引き起こす。  別名を花糸撫子(はないとなでしこ)ともいい、どのような種類の花ともマッチするので、ブーケなどの花束やフラワーアレンジメントによく用いられるナデシコ科の植物です。  熱帯アジアやアフリカなどに分布し、野生で約40種が存在する(特に南アフリカが多い)花のもちが良く、フラワーアレンジメントでも比較的多く用いられる。
         
芍薬 サイネリア  ブルーベリー  彼岸花  菜の花 
恥じらい・はにかみ・内気・清浄 喜び・快活・いつも喜びに満ちて・常に快活 実りのある人生・思いやり  情熱・悲しい思い出・独立再会・あきらめ 快活な愛・競争・小さな幸せ
日本には薬用植物として平安時代に渡来したとされる。根を薬用にし、鎮痛、鎮けいれんや婦人病全般に処方される。「立てば芍薬〜」・・・草姿を美人の立ち姿に喩えた慣用句。 別名「フウキギク(富貴菊)」「フキザクラ(富貴桜)」など。モロッコ沖に浮かぶ「カナリア諸島」原産。日本への渡来は、明治初期とされる。 目によいアントシアニンを多く含み、抗酸化力があり、健康パワーを秘めている姿形の美しい小さな果実につけられたのでしょう。  ちょうど秋の彼岸の頃に花が咲くことから名づけられた。「天上の花」という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典による。  ナタネ油を採る「アブラナ」、小松菜や白菜などの冬野菜の花を総称した名前。日本では、弥生時代以降に作物として利用され始めたと見られている。
         
 アネモネ ルピナス  牡丹  タンポポ  マーガレット 
はかない恋・恋の苦しみ・薄れゆく希望・清純無垢・無邪気・辛抱・可能性 貪欲・空想・欲深い心・母性愛・いつも幸せ・ 王者の風格・富貴・恥じらい・高貴・壮麗  真心の愛・神のお告げ・愛の神託・思わせぶり・別離 恋を占う・貞節・誠実・心に秘めた愛・真実の友情
アルメニアの国花
名前はギリシャ語の「風を意味する語からきている。長い毛をもつタネが、風にのって運ばれることから。
食用・薬用として、ヨーロッパを中心として古くから栽培されてきた。名前はギリシャ語の「オオカミ」が由来。旺盛な繁殖力をたとえたもの。 もともとは薬用として、中国から奈良時代に渡来したとされる。弘法大師(空海)が持ち帰ったという説もある。  英名「ダンデライオン」は「ライオンの歯」の意味。ギザギザした葉を、ライオンの歯に見立てた。 「たんぽぽ」の由来は、鼓の音を模したとされる。  ギリシャ語の「真珠」を意味する言葉(マルガリーテ)が名前の由来。別名「モクシュンギク(木春菊)」。茎が木質化し、葉が春菊に似ていることから。
         
 ハイビスカス  ファレノブシス(胡蝶蘭) 千日紅  ランタナ  ペチュニア 
常に新しい美・勇ましさ・新しい恋・繊細な美 幸福が飛んでくる・変わらぬ愛 変わらぬ愛・変わらない愛情を永遠に永遠の恋  協力・合意・厳格・心変わり・確かな計画性 あなたと一緒なら心が和らぐ・心がなごむ・心のやすらぎ・変化に富む
「ハワイの花」というイメージが強いが、もともとは東アジアから中国原産の種が伝えられ、改良が加えられたものとされる。一日花だが、日当たりのよい場所で次々開花する。 木や岩にくっついて生育する。ラテン語で「蛾のような」の意。日本では「蝶」に見立てているが、ヨーロッパでは「蛾」。美意識の違いがかいま見えて興味深い。 水分の含有量が少なく、ドライフラワーに好適。花持ちがよく、かつては仏花として重宝されていたが、鉢物も出回っている。  別名「シチヘンゲ(七変化)開花すると、時間の経過とともに花色が変化していく。花の後には、光沢のある黒い実をつける。  「ペチュニア」は属名が呼び名になっているもので、原産地・ブラジルの現地の言語で「たばこ」を意味する言葉「ペチュン(ペチュム)」に由来する。
         
 ケイトウ ローズマリー  ブーゲンビリア  いちご  ネモフィラ 
おしゃれ・風変わり・感情的・個性・色あせぬ恋 思い出・記憶・追憶・私を思って・静かな力強さ 情熱・あなたは魅力に満ちている  尊敬と愛・幸福な家庭 どこでも成功・可憐・愛国心・清々しい心・荘厳
真夏から秋にかけて、燃えるような色の花を咲かせる。本当の「花」はごく小さく、「トサカ」の下部に密集している。トサカ状に見える部分は、茎が変化したもの。 独特の強い芳香には、記憶力を高める・若返りなどの薬効がある。また、抗酸化作用・活性酸素除去作用が高いとされるポリフェノールを多く含み、花粉症の症状を和らげる作用もある。 鮮やかな花びらに見える部分は、葉が変化したもの。つる状に枝を伸ばす。
沖縄や八重山諸島では、秋〜春にかけて開花する。
バラ科の「草本」なので、果物ではなく、野菜に分類される。南北アメリカ原産、日本にはオランダ船が持ち込んだことから「オランダイチゴ」とも呼ばれていた。  名前は、ギリシャ語で「森を愛する」を意味する言葉から。ほふく性があり、花壇のグラウンドカバーに適している。